資料ー5岡澤美江子医師、人間医学社にて講演より

アクセスありがとうございます。感謝いたします。


食物連鎖

毎日の食生活の改善で健康生活を取り戻したり維持できることが明らかになってきました。

それには、還元力(抗酸化力)の高い食生活習慣が最も大切です。

還元力(抗酸化力)のある食物の見極めを、食品表示に惑わされずに

自分で簡単に「唾液」で確認することができます。

化学肥料(農薬)や添加物を使用した食物は高い酸化反応を示します。

化学肥料(農薬)や添加物を使用しない自然栽培物ほど健康生活につながる高い還元反応を示すのです。

いつも唾液力を高める食糧摂取で体をフレッシュにしましょう。


★測定対象物は人間★

(あくまでも摂取後の人間の唾液測定)

★たくさんの健康飲料水を何を基準にして選びますか★
★食糧の安全と健康管理★
1=水、お茶、果汁などの清涼飲料水(摂取後30〜40経過後の唾液測定)
水の還元力の指標となり、水道水や市販のミネラルウォーターの
酸化と還元度が消費者自身が簡易に確認できます。
果実、野菜などを食べた後、30〜40分経過後の唾液測定で

自分にとっての酸化状態と還元状態を知ることができます。

食糧の産地表示を問題にすることより、産地がどこであれ、ラベルにs

惑わされることなく食糧の中味の安全と健康保持に大切な抗酸化力の高い

食品であるかを消費者自身の手で簡易に確認する方法がないのが

不安を増大する要因なのです。

「酸化還元確認計Oxidation & Reduction アラ!元氣 」の

体調度確認がお役に立てることを願っております。

★健康補助食品の摂取後の効果を何で確認しますか★

2=健康補助食品・清涼飲料水測定(各種の栄養補給清涼飲料摂取後30〜40経過後の唾液測定)

健康補助清涼飲料水(AとBとC)があるとするとするなら、
摂取後の唾液でそれぞれの酸化と還元状態を知ることができます。

これは、ビールなどのアルコール飲料についても同様に確認することが可能になります。

さらに、人間の体内に食糧として取込んだ後で、唾液測定によって酸化と
還元がどのようになったか。栄養補助食品であれば摂取後の体内環境が
どのようになってきているかが、ただ何となくといった曖昧な自覚症状ではなく、
はっきりとした経過指標が摂取した本人が第三者の影響を受けずに
自分で唾液測定をして確認できるようになります。
「酸化還元確認計Oxidation & Reduction アラ!元氣 」の体調度確認がお役に立てることを願っております。
★魚介類の還元度★
4=魚介類の測定(摂取後30〜40経過後の唾液測定)
魚介類においても、魚介類摂取後の自分の体調度として
酸化と還元状態を確認できるようになります。

「酸化還元確認計Oxidation & Reduction アラ!元氣 」の

体調度確認がお役に立てることを願っております。

★健康チエックは発熱・痛みなど自覚症状前から「唾液」で確認できます。

6=人間の測定(人間の身体は常に健康な還元状態を保つ働き持つ)

働き盛りの成人の過労死が大きな問題となっていますが未病段階(自覚症状前)で、
早期に体内の酸化(過労状態を唾液で)を簡易に確認できていれば、といった
後悔をなくしたいものです。
自覚症状が現れなければ、面倒な検査はなるべく避けようとしているのが現状です。
病名が分からなくても何か体内疲労が出いることを早期に確認できれば、
安静や、より還元力のある食糧摂取やストレス回避の自浄努力ができ、
大事に至らないですむのではないでしょうか。
乳幼児を抱えている両親にとって
簡単に体内状態を確認できれば、早期に専門医への
対処を図れることにもつながるのではないでしょうか。
「酸化還元確認計Oxidation & Reduction アラ!元氣 」の
体調度確認がお役に立てることを願っております。